• Autumn Park / Photo: Toni Uuttu
  • Lenkkeilijä talvella tähtitorninmäellä
  • Suomenlinnan vallit kevätkukkien valloittamana
Share

気候と天気

ヘルシンキの気候は高緯度に位置する土地の典型的な気候で、海洋性と大陸性気候の両方の特徴を備えています。北極海と北大西洋の影響で寒いですが、メキシコ湾流のおかげで緯度の割には穏やかな気候です。

ヘルシンキ5日間天気予報

säätiedot toimittaa ilmatieteenlaitos

四季

フィンランドでは四季が比較的明快に分かれています。夏は5月に始まり9月中旬まで続き、一日の平均気温は+15℃程度ですが、最高気温は30℃にまで上がることもあります。ヘルシンキでは通常最も暖かいのは7月です。海へ出かける方は、風が強いことを予想して準備することをお勧めします。

ヘルシンキの夏は明るく、日照時間は6月末の夏至のころが最長で19時間にも及びます。9月の終わりになると気温は下がり、冬が近づくにつれ日照時間も短くなります。秋のピリッとした寒さが木々の紅葉を促します。

11月または12月に冬が訪れます。気温は0℃前後になり、初雪が降るとヘルシンキの街は絵葉書のような美しさです。12月から2月の平均気温は-4°C前後です。

通常一番寒いのは1月の終わりで、地面は雪で覆われ、気温はしばしば-15℃以下に下がります。真冬には海も凍りつきます。1987年に記録されたヘルシンキの史上最低気温は-34.3℃です。

フィンランド北部で冬見られる色鮮やかなオーロラは、十分に寒ければヘルシンキでも見られることもあります。

ヘルシンキの春は普通4月にやってきます。日増しに長くなる日と暖かさに自然も目を覚まし、人々も街に繰り出します。