• Kuvat: Jussi Hellsten / Jussi Hellsten / Jussi Hellsten / Riku Pihlanto
Share

ヘルシンキの4つの顔

芽吹きの春、夏の緑のグラデゥエーション、秋の色鮮やかな紅葉や黄葉、全ての木々が雪と氷に覆われる冬。

四季の移り変わりがヘルシンキに4つの顔をもたらします。その4つの顔それぞれがユニークで魅力的です。

春と氷の歌

あなたは氷が歌うのを聞いたことがありますか?暖かな春の日の海辺では、解けだした氷がはじける音やバリバリと音をたてるのを聞くことができます。スオメンリンナ島(Suomenlinna)のクスターンミエッカの南岸では流氷を見ることができます。

Jäidenlähtöä keväällä (c) Jussi Hellsten/Visit Helsinki

イースターの時期に芽吹くネコヤナギや雪の下から顔をのぞかせるフキタンポポは、まもなく訪れる夏の兆しです。この時期には自然の息吹があらゆるところで感じられます。ヴァンハカウプンキラハティ湾(Vanhankaupunginlahti)では渡り鳥が群れをなして飛んでくるのを見ることができるでしょう。あなたは鳥のさえずりを聞き分けることができますか?

470kukkia.jpg

近くの公園や市内の林を散歩して、湿った地面から力強く芽をだす植物を見てください。もしかすると白いウサギを見かけるかもしれませんが、その毛皮の色も夏には迷彩色に変わってしまいます。

夏の到来を告げるツバメ

フィンランドの古い童謡によると、渡り鳥のツバメが戻ってくると夏が来るそうです。ヘルシンキ市内の数多くの公園も花盛りになり、人々を魅了します。ピクニック用の敷物を持って、緑の隠れ家を探しに行きましょう。

Piknik puistossa kuuluu Helsingin kesään. (c) Jussi Hellsten/Visit Helsinki

街の喧騒を逃れてカイサニエミ公園(Kaisaniemenpuisto)のバラ園や温室に行ってみませんか。6月のシャクナゲ公園(Alppiruusupuisto)では、満開のシャクナゲとツツジに目を見張ることでしょう。

Villiruokaa voi maistaa myös helsinkiläisissä ravintoloissa (c) Jussi Hellsten/Visit Helsinki

あなたは山菜に詳しいですか?夏のフィンランドは山菜や野生ハーブの宝庫です。地元の山菜やハーブは市内のシェフ&ソムリエ(Chef & Sommelier)スピス(Spis)などのレストランで味わうことができます。

秋の収穫

8月と9月は文化愛好家やイベント好きにとって多忙な時期です。この時期ヘルシンキでは、ヘルシンキ・フェステイバル(Helsingin Juhlaviikot)アート・ゴーズ・カパッカ(Art goes Kapakka)ヘルシンキ・デザイン・ウィーク(Helsinki Design Week)子供のフェスティバル( Lasten festarit)などが開催されます。

Elokuvapiknik Helsingin juhlaviikoilla (c) Jussi Hellsten/Visit Helsinki

秋は収穫の季節でもあります。ヘルシンキ市民は今、都市農業に夢中です。市内には市民農園もたくさんあります。レストラン・キャーントピョウタ(Kääntöpöytä)では、サンデーブランチで都市農業の収穫を味わうことができます。

Monet marjat ja sienet odottavat ruskan sävyihin pukeutuneiden puiden alla poimijaansa.(c) Jussi Hellsten/Visit Helsinki

もちろん森も秋の恵みを与えてくれます。黄葉した木々の足元でいろいろなベリーやきのこが誰かが摘みに来てくれるのを待っています。ムスティッカマーにある誰でも利用できるシュオタヴァ公園(Syötävä puisto)を訪れてみるのも楽しいでしょう。公園では、自分の食べる分の適当な量であれば作物を自由に収穫してよいのだそうです。

冬の魔法

冬になるとヘルシンキの街は魅惑的な白い雪のマントに覆われます。ニット帽をしっかりかぶって、公園で雪だるまを作りましょう!

Talven taikaa Helsingissä (c) Jussi Hellsten/Visit Helsinki

あなたはもう、ウィンタースポーツを試してみましたか?ヘルシンキではスケートやスキーはもちろん、氷上ウォーキングというものも体験できます。ウィンタースポーツにお弁当は欠かせません。ノルディックスキートレッキングの後に、休憩所で焼くソーセージや温かいジュースは最高。

Kuuma kaakao lämmittää talvipäivänä (c) Jussi Hellsten/Visit Helsinki

氷点下10度以下にもなると街角のカフェの体の温まる飲み物が恋しくなります、シベリウス公園そばのカフェ・レガッタ(Cafe Regatta)に立ち寄り、独特の雰囲気を楽しんでみてもよいでしょう。

ヘルシンキの四季のうち、あなたのお気に入りの季節は?