• Pyöräillen Helsingissä (c) Jussi Hellsten/Helsingin kaupunkisuunnitteluvirasto
Share

自転車のヘルシンキ

現代美術館キアズマからバーナ(Baana)を通り、ルオホラハティ(Ruoholahti) まで自転車を走らせると、快い風がシャツにまとわりつきます。

線路跡地を利用した歩行者・自転車道バーナでは、あなたといっしょに、自転車通勤の人たち、犬を散歩させる人たち、スケボー少年たちが共存します。

バーナの途中では、卓球をしたり、コンテナカフェで一息ついたりすることもできます。ルオホラハティに着くと、目の前に西港やヤトゥカサーリの再開発住宅地区、そしてヒエタラハタティのマーケット広場が出現します。

Pyöräillen Helsingissä (c) Jussi Hellsten/Helsingin kaupunkisuunnitteluvirasto

バーナはヘルシンキ市内120kmに及ぶ自転車道ネットワークの一部です。自転車道は、セントラルパークから港湾地区へ、中心街の喧騒から静かな畑や森の際を通り、周辺の島々へもつながっています。

縦横に広がる自転車道ネットワーク

バルト海の乙女とも呼ばれるヘルシンキでは、どの方角に行っても素晴らしい景色や経験に出会えるでしょう。ヘルシンキ中心部の元老院広場や大聖堂を見学したあとは、カイヴォプイスト公園に行って緑の芝生や海の眺めを楽しんでください。

By bike in Helsinki (c) Juho Kuva/Visit Finland

おいしいランチをお望みなら、中心部の北東にあるソールナイネンのテウラスタモ(Teurastamo)をおすすめします。ここでは手作りのアイスクリームも食べられます。自然派のあなたにはトーロ湾から北上するルートがよいでしょう。セントラルパークの多彩な森とサイクリングコースが続きます。

お好みのサイクリングツアーを

本格的にサイクリングをしながらヘルシンキの風景を楽しみたければ、島巡りコースがおすすめです。コースは、まずルオホラハティから西へラウッタサーリ島(Lauttasaari)へ、そしてレヘティサーリ島(Lauttasaari)、カスキサーリ島(Kaskisaari)、クーシサーリ島(Kuusisaari)を抜けてムンッキニエミ(Munkkiniemi)まで続きます。自転車をこげばこぐほど、新鮮な海の空気と過ぎ去っていく海岸の景色があなたの心に平和をもたらすでしょう。

Pyöräillen Helsingissä (c) Jussi Hellsten/Visit Helsinki

ひと休みがてら、クーシサーリ島にあるディドリクセン美術館(Didrichsenin taidemuseo)に寄ったり、セウラサーリ島(Seurasaari)で散歩するのもよいでしょう。コースの途中には、シベリウス公園もあります。ここには、フィンランドの国民的な作曲家シベリウスを偲ぶ、彫刻家エイラ・ヒルトゥネン作のモニュメントがあります。この公園のそばのカフェ・レガッタでは、のどを潤したりスタンドアップパドルボードをレンタルすることもできます。ヒエタニエミ(Hietaniemi)の海水浴場でひと泳ぎすれば、サイクリングツアーがより充実したものになるでしょう。

見知らぬ街での自分たちだけのツアーは気が進まないという方には、ガイド付きツアーも用意されています。島巡りだけでなく、サウナに入ったり、ベリー摘みができるツアーもあります。

自転車愛好家のイベント

初夏には、自転車愛好家たちが集まるイベント、スタディン・ケラットゥ(Stadin Kelat)が開催されます。サイクリングシーズンの到来を告げるこのイベントでは、サイクリスト・オブ・ザ・イヤーを表彰したり、自転車のメンテナンスをしてもらったりするほかに、食と音楽、そして雰囲気を楽しむことができます。気ままにイベントをのぞくのも、みんなと一緒に自転車パレードに参加してみるのもよいでしょう。

Pyöräillen Helsingissä (c) Jussi Hellsten/Helsingin kaupunkisuunnitteluvirasto

チャレンジ精神のある方は、夏の終わりのサイクリングイベント、ツアー・ド・ヘルシンキ(Tour de Helsinki)を目指してください。この140kmを走破するサイクリングレースは、プロも、ただ単にサイクリングを楽しみたいという方も、どなたでも参加できます。

四季を通じてのサイクリング

自転車は夏だけの乗り物ではありません。多くのヘルシンキ市民が、冬でも自転車を乗り回します。雪景色の中、除雪され、滑り止めの小砂利がまかれた自転車道を行けば、短距離も長距離も快適です。冬の安全なサイクリングには、スパイクタイヤは欠かせません。

Pyöräillen Helsingissä (c) Jussi Hellsten/Helsingin kaupunkisuunnitteluvirasto

ヘルシンキでは自転車のレンタルもできます。ホテルにご宿泊であれば、ホテルで自転車をレンタルしているかどうかチェックすることをおすすめします。

さて、ヘルメットをかぶり自転車にまたがれば、ヘルシンキを新たに体験する準備が整いました!

Pyörävuokraamoja Helsingissä

下のリストは英語のみです。