• シニネン・フヴィラン・カハヴィラからの眺め (C) Yoshiko Utano
Share

カフェ巡りのヒント

ヘルシンキで街歩きを楽しむなら、おすすめなのがカフェ巡り。
おトイレ休憩に、次の行き先調べに、ぼんやり時間に・・。ヘルシンキで人気のカフェを6つのカテゴリーでご紹介します。

フィンランド人のコーヒー消費量が世界でも3本の指に入るレベルなのはご存知ですか。ひとりにつき年間およそ10kgものコーヒーを消費しています。街角のあちこちにカフェのあるヘルシンキは、コーヒー愛好家の天国だと言えるでしょう。

フィンランドのカフェはセルフサービスがほとんどです。
お店に入ったら先にカウンターで注文をし、コーヒーなどを受け取ってから席を探すのがスムーズです。
(市内でも貴重なテーブルサービスのクラシックなカフェなら、ヘルシンキ大聖堂前のカフェ・エンゲルや街で最古の老舗カフェ・エクベリ、アカデミア書店内のカフェ・アアルトがおすすめです。)

カフェと一口に言っても、アートに触れながらコーヒーを楽しめるカフェや、美味しいスイーツが有名なカフェなど特色は様々。
 

1. 海辺カフェ

お天気の良い日が増えてくる春から夏は、海辺のカフェでゆっくりするのが最高です。
肌寒くても開放的な窓から海を楽しめるカフェ・カルーセルや、映画でもおなじみのカフェ・ウルスラ。外の空気も一緒に楽しむシニネン・フヴィラン・カハヴィラ(天候により4月に今年の営業開始予定)やカフェ・レガッタは、お散歩の途中で寄るのに絶好のロケーションです。

212jussi.jpg

 

2. 焙煎カフェ

美味しいコーヒーをゆっくりと堪能したければ、自家焙煎にこだわるカフェがおすすめです。
かつて焙煎所として使われていた場所がそのままカフェになっているヘルシンギン・カハヴィパーフティモ、市内中心部にありアクセスも便利なムード・コーヒーロースタリーカッファ・ロースタリー、スウェーデン発祥のカフェヨハン&ニューストロムなど、ヘルシンキには小さな焙煎カフェがたくさんあります。豆を販売しているカフェもあるので、コーヒー好きには嬉しいですね。

 

3. ユニークカフェ

特色のあるカフェにも足を運んでみると、お土産話にもなって面白いかもしれません。
日本の猫カフェ文化が輸入されて誕生したキッサ・カハヴィラ、マリメッコ好きにはたまらないマリカハヴィラ、ユーゲンド様式の貴重な建築の中でお茶できるカフェ・ユーゲンド、コインランドリーが付いているカフェ・ティンティンタンゴなど他にない特色を持ったカフェも多いのです。カフェそのものだけでなく、そこに集う地元の人々も観察したくなりますね。

 

4. 街のテラスカフェ

街歩きの途中でパッと寄れて、しかも雰囲気のあるカフェなんて良いですよね。お天気の良い日には路面に出されるテラスカフェがおすすめです。
エスプラナーディ公園を眺めながらお茶するならカフェ・ストリンベリ。ハカニエミの方まで足をのばすのなら、カフェ・ピリッタも気持ちが良いですよ。もちろん「元祖・テラスカフェ」である市場のテントカフェも味がありますので是非トライしてみてください。マーケット広場やハカニエミ市場前の屋外市場スペース、夏はヒエタラハティ市場にも出ます。

220kauppatori.jpg

 

5. 美味しいカフェ

名物スイーツがあるお店は、おやつの時間に合わせていきたいですね。
お店で手作りのケーキ類が人気のフルーリステはフレンチスタイルの可愛いお店。大きなシナモンロールが有名なカフェ・サクセスも外せません。フィンランドを代表する製菓メーカーFazerが運営するカール・ファッツェル・カフェは美味しそうなケーキが選べないほど沢山並んでいます。ケーキビュッフェが人気なのは、カックギャレリア。一流パティシエが手がける芸術品のようなスイーツが楽しめるのは、パティスリー・テーム&マルクスのカフェコーナーです。

 

6. 文化なカフェ

文化に浸りながらコーヒーを楽しもうというときには、美術館や博物館内のカフェもいいですね。現代美術館キアズマアテネウム美術館デザイン博物館などには、落ち着いてコーヒータイムを楽しめる静かな空気が流れていますよ。

 

行ってみたいお店は決まりましたか?
街歩きのルートにお気に入りのカフェの印をつけてみてくださいね。